「高松北中学校」入試研究

香川県立高松北中学校受験を考えられている方へ!!

高松北中学校とは、勉強と部活動の両立に力を入れている中高一貫校です。

高松北中学校の特徴

1.他の公立中学校より授業時間数が多く(月曜日は7時間授業)、しっかりと学習することができます。

( )の数字は他の一般的な公立中学校との1年間の授業時間の差です。

中1 英語 (+35時間) 

中2 英語 (+35時間)、数学(+35時間)

中3 英語 (+35時間)、数学(+35時間)

2.中学2年次に先取りコースと、標準コースに分かれるので生徒のニーズに合わせた学習ができます。

*先取りコースは、中学3年生の後半に高校1年生の内容を学習。高校3年生で、受験対策に多くの時間を取ることができるカリキュラムになっております。

*標準コースは、クラスを分け少人数指導(英語・数学)を行っています。

3.テスト前の土曜日に学校開放をしています。

ほとんどの生徒が参加。クラスによっては、全員参加するように先生が声を掛けています。

4.高松北高校の先生が、授業・部活指導をし、大学受験、高校入試に関し個別ガイダンスを行ってくれます。

5.中高一貫の6年制ですので、中学3年生で受験勉強をすることなく高校に進学することができます。

6.珍しい部活が多数あります。(体操、フェンシング、*硬式テニス、ラグビーなど)

*現在、高松の中学校の多くのテニス部は、ソフトテニス部です。

高校生と一緒に練習をしている部活もあり、刺激になります。

 

高松北中学校の受験に関して 2021年度

試験内容など

  • 総合問題60点満点
  • 作文20点満点
  • 面接、調査書(点数化されず長所を見る。)の総合評価。
  • 定員105名

合格ラインの目安 総合問題、作文両者とも6割以上(相対評価ですので、年度によって変わります。)

倍率

2021年度入試倍率 競争倍率 1.24倍   

2020年度入試倍率 競争倍率 1.44倍

2019年度入試倍率 競争倍率 1.47倍

2021年は130名が受験、105名が合格しました。

島千恵子
島千恵子
10年以上前ですと・・・

2011年度入試 競争倍率2.46倍
2010年度入試 競争倍率1.87倍
2009年度入試 競争倍率1.68倍
2008年度入試 競争倍率1.81倍

2010年前後は、近年と比較すると高い競争倍率になっていました。

高松北中学校を受験する人の中には、記念受験のような形で、ほとんど勉強せずに受験に挑む人、直前になり慌てて勉強する人もいます。

高松北中学校の入試問題は独特です。学校のテストで高得点が取れるからといって、高松北中の入試問題が解けるわけではありません。

高松北中は、偏差値52前後です。

受験対策は必要ですが、きちんと勉強をすれば、中高一貫校としては合格しやすい学校です。

「中高一貫校を受けたいけれども、小学校生活、受験勉強以外のこともしたい」

「勉強に力を入れている中学校に通わせたいけれど、附属中学校はレベルが高すぎる。」

「受験勉強のストレスを感じることなく高校に進学したい。」という方にお勧めです。

ただ、高松北中学校は受験対策をしないと、合格することが難しいです。

北中対策の塾に通っていない子や、秋から塾に通った子の不合格情報を頻繁に聞きます。

かめ塾では、小学6年生の夏期講習以前から、北中対策を受講開始された方は過去全員合格しております。

かめ塾の指導法(高松北中対策は個別での指導になります。)

作文

高松北中は近年、文章を読んで自分の意見を書くというテーマが出題されています。

2021年度入試は、国際連合が定めた2030年までの17の国際目標(貧困をなくそう、人や国の不平等をなくそう。気候変動に具体的な対策をなど)の中で、どの問題を一番に解決すべきか、目標達成のためにあなたが出来ることは何かということが聞かれました。

作文は、入塾時ほとんどの生徒が上手く書けません。

練習することなく受験を受けると、不合格になる可能性が高いです。

何度も練習することで、作文を書くことに慣れ、高松北中入試レベルに対応できるようになっていきます。

指導をしていて感じることは、作文は上手くなる時は急に上達するということです。

「これは厳しいなぁ」、「前と変わらないなぁ」と思っていても、ある日突然非常に良い文章が書けるようになります。点と点が結びついて、線になるのだと思います。保護者の方に、「このレベルでは厳しい」とお話した次の日に、見違えるような文章を書いてきた生徒もいます。

良い文章が書けるようになるには、個人差があります。過去最速は2週間です。週1回の指導ですと、1年かかった方もいます。(小学6年生からは週2回以上の受講をお勧めします。)

かめ塾の作文指導(個別指導ですので、生徒によって指導方法は変えております。)

1.何度でも書かせる、同じテーマで書き直しをさせる。

入試までに平均100枚以上作文を書いてもらいます。

2.文章を上手く書けない人には・・・

日記を書かせています。

慣れてきたら、「楽しい」という言葉を使わずに、楽しさがわかる文章を書くなど、表現方法を工夫するように指導しています。

3.要約が苦手な生徒には・・・

時数制限をつけ、新聞記事要約(時事問題にふれることが出来るというメリットもあります。)、国語教材要約をさせています。

4.わかりにくい文章を書く生徒には・・

テーマを決め、そのテーマについてわかりやすく説明したり、自分の気持ちを伝える練習をしています。

(例:冷蔵庫を冷蔵庫が何か知らない人に説明する、自分の欲しいものを保護者の方に買ってもらいたい。なぜ、それが必要か、保護者の方が納得するような文章を書くなど。)

5.作文ノートを作成

指摘されたことを、メモさせています。2度、3度同じことを指摘された場合、指摘された内容が目立つように印をつけさています。また、話し言葉などは、作文を書く時どのような言葉を使えばいいかをメモさせ、見直しをしてから作文を書くように指導しています。

6.指導を終えた過去の自分の作文を保存、数か月後、過去の自分の文章のどこがいけなかったかを説明させています。また、悪い作文の例を見せ、何がいけないのか添削をさせています。

7.合格した生徒や、講師が書いた作文(小学生でも書けるレベルの内容を書いています。)の模範作文を見せ、良いところ、自分の作文との違いを考えさせます。

面接

志望理由、小学校生活、中学校生活のことなど質問されます。

入退室方法、言葉遣い、目線の位置など指導しています。

*面接対策は冬休みに実施しております。

かめ塾の面接指導

  1. 頻出問題に関し、解答を作成させる。
  2. 解答添削、内容を頭に入れさせる。
  3. 良い例を映像を見て学ぶ。
  4. 実際に面接練習をする。
  5. 改善点、良いところを指摘。メモを取らせる。
  6. 形になってきたら動画で撮影。
  7. どこが悪いかを生徒と話し合う。
  8. 何度も練習。

総合問題対策

大人でも解けないような特殊な問題も出題されます。

  • 小学生で学習した基礎的な内容の復習(暗記テスト)
  • 実際の中高一貫高校の過去問題(最初は難易度が低めの問題から解かせます。)を解く

→間違いは何度でもやる、できるまでやらせます。

大量の問題を解かせるよりも、その子が頑張れば、繰り返しやれば出来ると思われるレベルの問題を何度もやらせています。

個に応じて解かせる問題のレベル・量を変えることができるのは個別指導のメリットです。高松北中の合格ラインはおおむね6割以上です(他の人との競合ですので、年度によって違います。)すべての問題を解ける必要はありません。当塾では、難易度の高い問題よりも、簡単な問題をミスなく解くこと(問題をよく読むこと、漢字を書き間違えないことなど)を重視、基礎基本が頭に入っていない場合は、復習、テストという形をとっています。

高松北中対策(個別指導)授業料 月謝

 小学5年生小学6年生
40分×2コマ×週1回10,000円12,000円
40分×2コマ×週2回16,000円18,000円

別途教材費1000円+施設維持費1200円+税金が毎月必要です。